Adoption information採用情報

イノベーション、そして未来へ

Fresher
新卒採用

Career
中途採用

メッセージ

我たちは新興企業のサテライトオフィスからスタートし、ソフトウェア製品メーカーとして独自でマーケットを開拓しながら技術革新の荒波に挑戦し続け、この世界でサバイブしてきました。

企業が利益を上げ続けることが必要なのは論を待ちませんし、これを唯一無二とする企業も存在します。しかし、私たちは、利益を上げることはあくまで企業が継続するための手段であり、企業の目的ではないと考えています。

私たちのユーザーに価値あるソフトウェア製品を提供することで、社会に役立つ企業として存続するためには、私たち一人一人が主人公になり夢を持ち成長することなくして実現できません。

会社が大きくて安定していることはすばらしいことです。また給与が高いこともすばらしいことです。
でも、それだけでしょうか。これらで不満は少なくなるかもしれませんが、満足を増やすことはできないのです。

私たちは、会社が大きくなることだけを目指していません。
私たち一人一人が自らの夢を持ち、そして、一人一人がこれを実現すべく成長することを通して企業を成長させ、私たち一人一人の幸せを追い求めていく、そんな企業でありたいと考えています。

事業内容について

現在の成熟社会におけるビジネス競争に打ち勝つために、また、提供する顧客価値を高め、中長期的な成長を続けていくために、企業は改めて、これまでの情報システムのあり方を見直さなければなりません。

これまでの企業システムは、その多くが単なる機能システムの集合体として存在しています。
しかし、これからの企業システムは、社内システムはもちろんのこと、取引先など企業を取り巻く社外システムも含めて、システム間相互のデータ連携や、蓄積されているデータの統合による活用などで、社内外システムの全体最適化を図るデータ連携基盤により、事業戦略に連動した戦略的情報システムを構築する時代に入りました。

通信ネットワーク技術であるEDIは、企業間システムにおける大量の受発注取引を可能にし、人的コストの削減や機会損失の減少といったさまざまな効果を生み出してきました。

データ・アプリケーションは現在、このEDIの分野において日本における圧倒的なマーケットリーダーとなっています。
そして、このEDIシステムは、これから企業が目指すべきデータ連携基盤の一つの要素技術でもあります。
私たちは、これまでの研究開発で培った技術を駆使し、これからは、このデータ連携基盤のマーケットリーダーを目指していきます。

企業風土について

学び、そして成長していく経験が、当社の企業風土をささえています。

例えば、お客様の期待を超えた価値を提供するため、製品開発はトライアンドエラーの連続です。
成功から学ぶことよりも、失敗から多くを学び、経験を共有しながら困難を乗り越え、夢をカタチにしていく ― これが私たちの仕事の醍醐味であり、このプロセスが「学び、そして成長していく」企業風土を育んでいきます。

成長には終わりがありませんが、「お客様の喜びが私たちの喜び」となるように、日々学び続けていきたいと思っています。

求める人材について

2014年11月に設立30年を迎え、EDI関連のソフトウェア製品を開発・販売して20年、幸いにも1,900社にのぼるお客様に採用していただき、当社製品が情報システムを運用する上でのインフラとして、なくてはならない製品となってきています。
しかし私たちは成熟した、EDIという分野に安住するつもりはありません。
常に変化していくこと、新しいフィールドにトライし続けていくことが成長の原動力であり、
顧客価値の創造につながっていくと考えています。
成長には「当事者としての意識」を持った社員の活躍が不可欠です。組織の問題を自らの問題としてとらえ、本気で知恵を出し、本気で行動しようとする当事者意識の高い人材の応募をお待ちしています。