RACCOON

開発品質・期間を圧倒的に改善し機敏なシステム連携を実現 データ ハンドリング プラットフォーム

対象:RACCOON V2.0.0

ソフトウェア環境

RACCOON Developer Studio (変換定義作成ツール)

JDK Oracle Java SE 8(32bit/64bit)
対応OS Windows 10 Home (32bit/64bit)
Windows 10 Pro (32bit/64bit)
Windows 10 Enterprise (32bit/64bit)
Windows 8.1 (32bit/64bit)
Windows 8.1 Pro (32bit/64bit)
Windows 8.1 Enterprise (32bit/64bit)
Windows Server 2019 Standard
Windows Server 2019 Datacenter
Windows Server 2012 R2 Datacenter
Windows Server 2012 R2 Standard
Windows Server 2012 Datacenter
Windows Server 2012 Standard
Windows Server 2016 Datacenter
Windows Server 2016 Standard

RACCOON Transfer Engine (変換エンジン)

前提事項

RACCOONは、Javaで開発しています。Java実行環境で動作する弊社製品は、表にあるJavaベンダーのLTS(Long Term Support)版JDKに対応します。JDK 9、10、12、13などのNon-LTS版JDKには対応しませんので予めご了承ください。また、各Javaは、64ビット版に限定して対応しています。
OSとJDKの対応状況については、OSまたはJDKのベンダー公式サイトでご確認ください。


JDK Oracle Java SE 8(Oracle Solaris(SPARC),Linux,Windows)
Red Hat OpenJDK 8(Linux)
Amazon Corretto 8(Linux,Windows)
Azul Systems Zulu Enterprise 8(Linux,Windows)
AdoptOpenJDK 8 OpenJ9(Linux,Windows)
AdoptOpenJDK 8 HotSpot(Linux,Windows)
FUJITSU Software Interstage Application Server V12 同梱JDK
※Java 8は、Oracle / SQL Server / MySQL / PostgreSQL / Db2のJDBCドライバが対応しています。(2019年05月時点)
Oracle Java SE 11(Oracle Solaris(SPARC),Linux,Windows)
Red Hat OpenJDK 11(Linux)
Amazon Corretto 11(Linux,Windows)
Azul Systems Zulu Enterprise 11(Linux,Windows)
AdoptOpenJDK 11 OpenJ9(Linux,Windows)
AdoptOpenJDK 11 HotSpot(Linux,Windows)
OS Red Hat Enterprise Linux
Microsoft Windows Server
Oracle Solaris(SPARC)※1
Oracle Linux
HPE HP-UX※1
Amazon Linux 2
IBM AIX※1
IBM i※1

※1 OSメーカーのJDK 8の利用が前提です。

ハードウェア環境

RACCOON Developer Studio (変換定義作成ツール)

最小メモリ 512MB
推奨メモリ 2GB以上
必要ディスク容量 1GB
解像度 1280 x 768以上

RACCOON Transfer Engine (変換エンジン)

最小メモリ 512MB
推奨メモリ 2GB以上
必要ディスク容量 50MB

対応DB

対応DB Microsoft SQL Server 2017
Microsoft SQL Server 2016 SP1 / SP2
Microsoft SQL Server 2014 SP1 / SP2 / SP3
Microsoft SQL Server 2012 SP1 / SP4
Microsoft SQL Server 2008 R2 SP1
Microsoft SQL Server 2008 SP3
Microsoft SQL Server 2000 ※1
Oracle Datebase 10.1.0 ※2 / 10.2.0 ※2 / 11.1.0 / 11.2.0 / 12.1.0 / 12.2.0 / 18c / 19c
IBM Db2 9.7 / 10.1 / 10.5
IBM Db2 for i 7.1 / 7.2
Symfoware Server(Postgres)12.0.0 / 12.1.0 / 12.2.0 / 12.3.0 / 12.4.0※3
PostgreSQL 9.3 / 9.4 / 9.5 / 9.6 / 10 / 11
MySQL 5.6 / 5.7
Microsoft Access ※4
Amazon Redshift
Amazon Aurora(MySQL互換)
JDBC

注意事項

  1. ※1 接続は可能であるが、正式なサポートの対象外、且つ機能制限有(マーキング・DB検索不可)
  2. ※2 接続は可能であるが、正式なサポートの対象外
  3. ※3 すべてオープンインターフェースのみの対応となります。
  4. ※4 Microsoft Accessのバージョンは、2000~2003(mdb)/2007~2016(accdb)をサポート
  5. (注) モダンUI及びタッチパネル操作には対応しておりません。

対応Excel

対応Excel Microsoft Excel 97 / 2000 / 2003
Microsoft Excel 2007 / 2010 / 2013 / 2016
※Excelアドインのサポート:Microsoft Excel 2007 / 2010 / 2013 / 2016

Java実行環境の有償サポートの必要性について

弊社製品のJava実行環境の有償サポートにおけるサポート・ポリシーについては、こちらを参照ください。


仮想化環境でのサポートについて

弊社製品の仮想化環境におけるサポートポリシーについては、こちらを参照ください。


クラウド環境のサポートについて

弊社製品のクラウド環境におけるサポートポリシーについては、こちらを参照ください。