ACMS WebFramer

購買から販売、海外取引まで、柔軟なWeb-EDI環境を迅速に構築 ACMS B2Bのオプション

ソフトウェア環境

JDK Oracle Java SE 8(Linux,Windows)
Red Hat OpenJDK 8(Linux)
Amazon Corretto 8(Linux,Windows)
Azul Systems Zulu Enterprise 8(Linux,Windows)
AdoptOpenJDK 8 OpenJ9(Linux,Windows)
OS Red Hat Enterprise Linux
Microsoft Windows Server
DBMS Oracle Database 11g(11.2) / 12c (12.1) / 12c R2 / 18c / 19c
Microsoft SQL Server 2017 / on Linux
Microsoft SQL Server 2016 / SP2
Microsoft SQL Server 2014
MySQL 5.5 / 5.6 / 5.7
PostgreSQL 9.2 / 9.3 / 9.4 / 9.5 / 10 / 11※1
IBM Db2 10.5
WAS
(Web Application Server)
IBM WebSphere Application Server 8.5.5
Oracle WebLogic Server 12c
Apache Tomcat 7.0.39 / 8.0.23 / 8.5.8 / 9.0
Apache TomEE 1.7.4 / 1.7.5※2
対応ブラウザ Microsoft Internet Explorer 10 / 11
Microsoft Edge 最新版およびその直前のバージョン
Google Chrome 最新版およびその直前のバージョン
Mozilla Firefox 最新版およびその直前のバージョン

※1 PostgreSQL 11より、Windows版もサポート対象となります。
※2 TomEEを使用される場合、Plumeをご利用ください。

前提事項

ACMS WebFramerは、Javaで開発しています。Java実行環境で動作する弊社製品は、表にあるJavaベンダーのLTS(Long Term Support)版JDKに対応します。JDK 9、10、12、13などのNon-LTS版JDKには対応しませんので予めご了承ください。また、各Javaは、64ビット版に限定して対応しています。
OSとJDKの対応状況については、OSまたはJDKのベンダー公式サイトでご確認ください。

注意事項

この記載は最新版でのソフトウェア環境です。各ソフトウェアのバージョンの組み合わせによっては制限が出る場合がございますので、詳細につきましては、別途弊社または販売代理店にお問い合わせください。


Java実行環境の有償サポートの必要性について

弊社製品のJava実行環境の有償サポートにおけるサポート・ポリシーについては、こちらを参照ください。


仮想化環境でのサポートについて

弊社製品の仮想化環境におけるサポートポリシーについては、こちらを参照ください。

ハードウェア環境

最小メモリ 1GB以上
最小ディスク 150MB以上(本体のみ)
注意事項 ACMS WebFramerインストール容量とDB容量になります。
稼働ログの容量分は含まれていません。

クラウド環境

  • amazon web services / Partner Network
  • Microsoft Azure
  • FUJITSU Cloud Service for OSS
  • IIJ GIO

クラウド環境のサポートについて

弊社製品のクラウド環境におけるサポートポリシーについては、こちらを参照ください。