ACMS WebFramer

購買から販売、海外取引まで、柔軟なWeb-EDI環境を迅速に構築 ACMS B2Bのオプション

Web-EDIの中核で統合管理機能を提供

1つのWeb-EDIシステムで販売管理や購買管理など複数業務の管理、運用を設定できるので、受発注にかかわる一連の業務をシステム化できます。また、利用業務、利用時間の設定をユーザごとに細かく設定できるので、組織、役割に応じたセキュアで効率的なコンテンツ管理を実現できます。

アプリケーションサンプル、テンプレートを提供

標準提供する管理機能を外部から呼び出すAPIや取引業務を想定したサンプルを提供します。
これにより、SI企業やユーザ企業は、業務や取引内容に合わせたWeb-EDIシステムを短期間で構築をできます。

流通BMS対応Web-EDIテンプレートを提供

海外取引をリスクなく実現

グローバル化の進展により、取引業務においてもシステムの拡充や多言語対応が重要になります。ACMS WebFramerが持つ多言語対応、タイムゾーン対応により、海外取引業務システムをリスクなくビジネス規模にあわせて構築できます。

自社導入、クラウドの双方に適用可能

マルチプラットフォーム対応OSを選ぶことなく導入でき、自社導入型はもちろん、Amazon EC2、Microsoft Azureなどクラウド環境でも稼働させるこができます。また、複数企業を統合管理できるマルチテナント対応により、迅速なサービス展開が可能です。

テナント管理によるSaaS基盤としての利用

ACMS WebFramerは、ひとつのインフラで複数の企業向けWeb-EDIシステムを構築し、それぞれ独立を保ちながら統合運用できるテナント管理機能を有しています。テナントごとの仕様に応じて環境をきめ細かく設定できるため、これをSaaS(Service as a Software)基盤として利用いただけます。

ACMSとの連携でEDI業務を一元化可能

従来から運用しているACMSシリーズでのEDIに加え、ACMS WebFramerで構築したWeb-EDIを一元管理することができるので、複雑な運用から解放されます。

ACMS WebFramer:特長
流通BMS対応Web-EDIテンプレート
電子機器業界調達向けWeb-EDIテンプレート
Webアプリケーション構築支援ツール