AnyTran

EDIフォーマットをはじめ、さまざまなデータ変換処理をノンプログラミングで実現 AnyTran | AnyTran LE | AnyTran Desktop

ソフトウェア環境

AnyTran V6.5

JDK Oracle Java SE 8(Oracle Solaris(SPARC),Linux,Windows)
Red Hat OpenJDK 8(Linux)
Amazon Corretto 8(Linux,Windows)
Azul Systems Zulu Enterprise 8(Linux,Windows)
AdoptOpenJDK 8 OpenJ9(Linux,Windows)
AdoptOpenJDK 8 HotSpot(Linux,Windows)
FUJITSU Software Interstage Application Server V12 同梱JDK
※Java 8は、Oracle / SQL Server / MySQL / PostgreSQL / Db2のJDBCドライバが対応しています。(2019年11月時点)
Oracle Java SE 11(Oracle Solaris(SPARC),Linux,Windows)
Red Hat OpenJDK 11(Linux)
Amazon Corretto 11(Linux,Windows)
Azul Systems Zulu Enterprise 11(Linux,Windows)
AdoptOpenJDK 11 OpenJ9(Linux,Windows)
AdoptOpenJDK 11 HotSpot(Linux,Windows)
変換定義ツール(AnyMapper)
対応OS ※1、2、3
Windows 10 Home
Windows 10 Pro
Windows 10 Enterprise
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro
Windows 8.1 Enterprise
Windows Server 2019 Standard / Datacenter
Windows Server 2016 Standard / Datacenter
Windows Server 2012 R2 Standard / Datacenter
Windows Server 2012 Standard / Datacenter
変換エンジン対応OS Red Hat Enterprise Linux
Microsoft Windows Server
Oracle Solaris(SPARC)※4
Oracle Linux
HPE HP-UX※4
Amazon Linux 2
IBM AIX※4
IBM i※4
対応DB Microsoft SQL Server 2017
Microsoft SQL Server 2016 SP2
Microsoft SQL Server 2014 SP2 / SP3
Microsoft SQL Server 2012 SP3 / SP4
Oracle Database 11.2.0 / 12.1.0 / 12.2.0 / 18c / 19c
IBM Db2 UDB 9.7 / 10.5 / 11.1 / 11.5
IBM Db2 for i 7.1 / 7.2 / 7.3
MySQL 5.5 / 5.6 / 5.7
Symfoware Server 10.0.0 / 10.1.0 / 11.1.0 / 12.0.0 / 12.1.0 / 12.2.0 / 12.3.0 / 12.4.0
Symfoware Server(Postgres) 10.0.0 / 10.1.0 / 11.1.0 / 12.0.0 / 12.1.0 / 12.2.0 / 12.3.0 / 12.4.0
PostgreSQL 9.4 / 9.5 / 9.6 / 10 / 11 / 12

前提事項

AnyTranは、Javaで開発しています。Java実行環境で動作する弊社製品は、表にあるJavaベンダーのLTS(Long Term Support)版JDKに対応します。JDK 9、10、12、13などのNon-LTS版JDKには対応しませんので予めご了承ください。また、各Javaは、64ビット版に限定して対応しています。
OSとJDKの対応状況については、OSまたはJDKのベンダー公式サイトでご確認ください。


注意事項

  1. 英語OS+日本語パックでの動作は保証しておりません。
  2. モダンUI及びタッチパネル操作には対応しておりません。
  3. 64ビット版OSでは、32ビット互換モード(WOW64)で動作します。
  4. OSメーカーのJDK 8の利用が前提です。

AnyTran LE V4.12.2

変換定義ツール(AnyMapper)
対応OS ※1、2、3
Windows 10 Home
Windows 10 Pro
Windows 10 Enterprise
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro
Windows 8.1 Enterprise
Windows 7 Home Premium SP1
Windows 7 Professional SP1
Windows 7 Enterprise SP1
Windows 7 Ultimate SP1
Windows Server 2019 Standard / Datacenter
Windows Server 2016 Standard / Datacenter
Windows Server 2012 R2 Standard / Datacenter
Windows Server 2012 Standard / Datacenter
Windows Server 2008 R2 Standard Edition SP1
Windows Server 2008 R2 Enterprise Edition SP1
Windows Server 2008 Standard Edition SP2
Windows Server 2008 Enterprise Edition SP2
変換エンジン対応OS ※3、4 Windows Server 2019 Standard / Datacenter
Windows Server 2016 Standard / Datacenter
Windows Server 2012 R2 Standard / Datacenter
Windows Server 2012 Standard / Datacenter
Windows Server 2008 R2 Standard Edition SP1
Windows Server 2008 R2 Enterprise Edition SP1
Windows Server 2008 Standard Edition SP2
Windows Server 2008 Enterprise Edition SP2

注意事項

  1. 英語OS+日本語パックでの動作は保証しておりません。
  2. モダンUI及びタッチパネル操作には対応しておりません。
  3. 64ビット版OSでは、32ビット互換モード(WOW64)で動作します。
  4. クラスタ環境およびFT(Fault Tolerance)環境での動作はサポートしておりませんので、予めご了承ください。

AnyTran Desktop V6.5

JDK Oracle Java SE 8(Windows)
Azul Systems Zulu Enterprise 8(Windows)
AdoptOpenJDK 8 OpenJ9(Windows)
AdoptOpenJDK 8 HotSpot(Windows)
Oracle Java SE 11(Windows)
Azul Systems Zulu Enterprise 11(Windows)
AdoptOpenJDK 11 OpenJ9(Windows)
AdoptOpenJDK 11 HotSpot(Windows)
変換定義ツール(AnyMapper)
対応OS ※1、2、3
Windows 10 Home
Windows 10 Pro
Windows 10 Enterprise
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro
Windows 8.1 Enterprise
変換エンジン対応OS ※4 Windows 10 Home
Windows 10 Pro
Windows 10 Enterprise
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro
Windows 8.1 Enterprise

注意事項

  1. 英語OS+日本語パックでの動作は保証しておりません。
  2. モダンUI及びタッチパネル操作には対応しておりません。
  3. 64ビット版OSでは、32ビット互換モード(WOW64)で動作します。
  4. 仮想化環境、クラスタ環境およびFT(Fault Tolerance)環境での動作はサポートしておりませんので、予めご了承ください。

ハードウェア環境

AnyTran

最小メモリ 256MB
最小ディスク 50MB
注意 変換定義と入力ファイルの内容によっては、非常に多くのメモリ(入力ファイルの3倍以上 )を消費する場合があります。

AnyTran LE

最小メモリ 64MB
最小ディスク 32MB
注意 変換定義と入力ファイルの内容によっては、非常に多くのメモリ(入力ファイルの3倍以上 )を消費する場合があります。

AnyTran Desktop

最小メモリ 256MB
最小ディスク 100MB
注意 変換定義と入力ファイルの内容によっては、非常に多くのメモリ(入力ファイルの3倍以上 )を消費する場合があります。

Java実行環境の有償サポートの必要性について

弊社製品のJava実行環境の有償サポートにおけるサポート・ポリシーについては、こちらを参照ください。


仮想化環境でのサポートについて

弊社製品の仮想化環境におけるサポートポリシーについては、こちらを参照ください。


クラウド環境のサポートについて

弊社製品のクラウド環境におけるサポートポリシーについては、こちらを参照ください。