最新情報|AnyTran|トランスレータ

EDIフォーマットをはじめ、さまざまなデータ変換処理をノーコードで実現 AnyTran | AnyTran Desktop

AnyTran V6.6.0 リリースノート情報 2020/09/04

トピックス

  1. 新たなデータベースをサポート - データベースフォーマット/データベース検索
    以下のデータベースへの接続が可能になりました。
    • Microsoft SQL Server 2019
    • IBM Db2 11.5
    • Symfoware Server 12.4.0
    • Symfoware Server (Postgres) 12.4.0
  2. シフトコード/エスケープシーケンス出力の選択 - コード変換ユーティリティ
    出力側が半角文字と全角文字の切り替えを必要とする文字コードタイプである場合に、シフトコード/エスケープシーケンスを出力するかどうかを選択できるようにしました。

新機能

  1. 新たなデータベースをサポート - データベースフォーマット/データベース検索
    以下のデータベースへの接続が可能になりました。
    • Microsoft SQL Server 2019
    • IBM Db2 11.5
    • Symfoware Server 12.4.0
    • Symfoware Server (Postgres) 12.4.0
  2. シフトコード/エスケープシーケンス出力の選択 - コード変換ユーティリティ
    出力側が半角文字と全角文字の切り替えを必要とする文字コードタイプである場合に、シフトコード/エスケープシーケンスを出力するかどうかを選択できるようにしました。

機能改善

  1. 例外の検出によるエラー停止機能 - ユーザ定義関数
    ユーザー定義関数で発生した例外を検出し、エラーとして停止するようになりました。
    ユーザー定義関数内で例外処理が行われない場合に有効となります。
  2. 入力レコードグループのタイプ変更 - AnyMapper
    一度作成した入力レコードグループのタイプ(グループ、選択、順不同、振り分け)を後から変更することが可能になりました。
最新情報はこちら
製品一覧ページはこちら