最新情報|ACMS B2B|EDIサーバ

従来型EDIから次世代EDIまで、あらゆる企業間商取引をカバーするB2Bサーバ ACMS B2B | ACMS B2B Limited Edition

ACMS B2B V5.3.0 リリースノート情報 2020/12/25

トピックス

  1. 新たに以下のOSをサポートしました。
    • Red Hat Enterprise Linux 8
  2. 新たに以下のデータベースをサポートしました。
    • Microsoft SQL Server 2019
    • MySQL 8.0
    • PostgreSQL 13
    • IBM Db2 11.5
    • Amazon Aurora(PostgreSQL互換) 3
  3. Windows環境のMicrosoft SQL Serverにおいて新たにWindows認証モードをサポートしました。
  4. 新たに以下のWeb Application Serverをサポートしました。
    • TomEE Plume 7.1.3
    • FUJITSU Software Interstage Application Server V12.2.0
  5. SFTPクライアントにおいて、ユーザ認証方法をユーザ単位で設定できるように改善しました。

新機能

  1. OS - 新たなOSをサポート
    以下のOSに対応しました。
    • Red Hat Enterprise Linux 8
  2. データベース - 新たなデータベースをサポート
    以下のデータベースが使用可能になりました。
    • Microsoft SQL Server 2019
    • MySQL 8.0
    • PostgreSQL 13
    • IBM Db2 11.5
    • Amazon Aurora(PostgreSQL互換) 3
  3. データベース - Microsoft SQL Serverにおいて新たにWindows認証モードをサポート
    Windows環境にてデータベースにMicrosoft SQL Serverを利用している場合に、認証モードとして新たにWindows認証をサポートしました。
    * 詳細はInstallationGuide [3.1.8.SQL ServerでのWindows統合認証の利用(任意)]を参照してください。
  4. DBアクセスサーバ - 新たなJDBCドライバをサポート
    以下のJDBCドライバが使用可能になりました。
    • Microsoft JDBC Driver 7.4 for SQL Server
    • Microsoft JDBC Driver 8.2 for SQL Server
    • Microsoft JDBC Driver 8.4 for SQL Server
  5. Web Application Server - 新たなWeb Application Serverをサポート
    以下のWeb Application Serverが使用可能になりました。
    • TomEE Plume 7.1.3
    • FUJITSU Software Interstage Application Server V12.2.0
  6. Any変換 - 新たなデータベースをサポート - データベースフォーマット/データベース検索
    以下のデータベースへの接続が可能になりました。
    • Microsoft SQL Server 2019
    • IBM Db2 11.5
    • Symfoware Server 12.4.0
    • Symfoware Server (Postgres) 12.4.0
  7. ANY変換/コード変換 - シフトコード/エスケープシーケンス出力の選択 - コード変換ユーティリティ
    出力側が半角文字と全角文字の切り替えを必要とする文字コードタイプである場合に、シフトコード/エスケープシーケンスを出力するかどうかを選択できるようにしました。

機能改善

  1. SFTPクライアント - ユーザ認証方法の改善
    通信サーバ単位で設定していたユーザ認証方法を、ユーザ単位で設定できるように改善しました。これにより、ユーザ登録コマンド(usimnt)で照会を実行すると、プロトコル「SFC」では項目「sftp_user_authentication_type」が追加されています。
  2. クリーンアップ - シリアルに実行する機能を追加
    定時に自動起動するクリーンアップおよび手動で実行するクリーンアップコマンドによるクリーンアップ処理をシリアルに実行させる機能を追加しました。
    従来のクリーンアップ処理では、運用グループ単位に並列で処理を実行することができましたが、本機能改善により運用グループ単位にシリアルにクリーンアップ処理を実行するため、1つの運用グループの処理が完了するまで他の運用グループの処理は実行されません。
    本機能を使用する場合、acms.propertiesに以下のエントリを設定してください。
    • cl.cleanup_serial=ON
    * 本機能に関する詳細はOperationGuide [10.1.1.6.クリーンアップ処理の直列実行について]を参照してください。
  3. カレンダ - 2021年の祝日変更に対応
    祝日法の改正により、以下の各国民の祝日に対応しました。
    • 2021年 7月22日(海の日、7月の第3月曜日:7月19日からの移動)
    • 2021年 7月23日(スポーツの日、10月の第2月曜日:10月11日から移動)
    • 2021年 8月 8日(山の日、8月11日からの移動)
  4. Any変換 - 例外の検出によるエラー停止機能 - ユーザ定義関数
    ユーザー定義関数で発生した例外を検出し、エラーとして停止するようになりました。
    ユーザー定義関数内で例外処理が行われない場合に有効となります。
最新情報はこちら
製品一覧ページはこちら