ACMS Apex

エンタープライズ・データ連携基盤

データ連携からはじめるビジネスイノベーション

企業の基幹システムでは、さまざまなソフトウェアを組み合わせることでデータ連携基盤を構築しています。 そして、国内はもちろんグローバルにビジネスを展開するうえで、データをいかに戦略的に活用できるかが鍵を握っています。 ACMS Apex は、既存のアプリケーション資産を生かしつつ単一のソフトウェアで、セキュアかつ可用性の高いデータ連携基盤を実現します。 さらに、用途に合わせて柔軟に機能を組み合わせることで、戦略的にデータ活用の仕組みを容易に構築できます。

ACMS Apex は、ACMS シリーズの「最上位」モデルとして豊富な機能を備えた、ビジネスの変化に強く、新たなイノベーションを生み出す新しいコンセプトのエンタープライズ・データ連携基盤です。

ACMS Apexの基本構造

ACMS Apex基本構造

導入シーン

  • 課題
    データ連携実現に複数ツールがあり、導入/保守コストが増大
    セキュリティを担保したままデータ連携を行いたい
    バージョンアップや災害時にリスクを回避したい
  • 効果
    ACMS Apex に統一することで運用負荷、コストを削減
    情報セキュリティ標準準拠でセキュアなデータ保管・連携
    段階的なバージョンアップが可能であり、サーバ障害でも自動的に切り替わり、データ連携継続