RACCOON

開発品質・期間を圧倒的に改善し機敏なシステム連携を実現 データ ハンドリング プラットフォーム

システム連携の見直しで企業は変わる―

RACCOON(ラクーン)は、システム連携時に必要なデータ ハンドリング部分をノンコーディング化するソリューションです。複数の入出力データを扱うことができ、文字コードやフォーマットの変換を行いながら、ソート、マージ、ファイル統合や分割などのデータ加工をノンプログラミングで実現します。

連携させたい業務システム間の中核にRACCOONを配置すれば、シンプルかつスマートなシステム連携体制を確立できます。また、複数システムからデータを取得し、ソート・変換・加工処理を行い帳票作成ツールやBIツールにデータを渡す場面や、DWHにデータ格納するためのETL処理、さらには、データ移行の場面でもRACCOONは活躍します。

RACCOONは、従来の手組み開発からプログラミングなしにデータ変換・加工ができるので、開発生産性は飛躍的に向上し、スピーディかつビジネス変化に強い企業システムづくりを支援します。

導入シーン

  • 課題
    システム連携ごとの開発で時間がかかり、
    プログラムの複雑性も増加
    複数のツールが混在しメンテナンス性が低下
    プログラミングの属人性が高く、品質が不安定
    設計書とプログラムが不一致のため、
    プログラム保守が行えない潜在リスクを内包
  • 効果
    システム連携のスピードとスマートさ向上で業務革新
    データ抽出・JOIN・ソートをRACCOONだけで実現
    データ ハンドリング標準化で
    プログラム品質が全社規模で向上
    データ変換実現と同時に設計書完成で
    プログラム保守性が向上
RACCOONかんたん利用ガイド
RACCOONを使ったソートを含むフォーマット変換
RACCOONを使ったデータベース抽出を含むフォーマット変換
データ連携の秘薬 RACCOON
「データ移行は大変だ」という誤解。
Excelデータの利活用ならRACCOON