ACMS E2X

企業内外のデータをシームレスかつ可用性高く連携、“強い”B2B環境を構築

企業データをシームレスに連携するB2Bインテグレーションサーバ

ACMS E2X(Extended Enterprise data eXchange)は、企業間と企業内の双方のデータ連携をカバーするB2Bインテグレーションサーバです。

企業内外のシームレスな連携を実現するため、企業内システムとの接続アダプタを豊富に用意。もちろん、従来型EDIから次世代EDIまでをフルにカバーする企業間の電子商取引機能も取り揃えています。

また、ACMS E2Xは独自の分散サーバアーキテクチャに基づいて設計・開発。これによりデータ連携システムに求められる高可用性と耐障害性を確保するとともに、セキュリティを配慮した通信処理とデータ処理、リソースの負荷分散、アプリケーションの多重処理などが可能になり、障害発生時には自動縮退運転による処理の継続を実現。ACMS E2Xのこのような機能の数々が、企業内外のデータ連携を強力に支援します。

導入シーン

  • 課題
    EDIシステムと社内システムをスムーズにつなげたい
    社内複数サーバのアプリケーションを連携させたい
    取引先ごとにあるEDIと社内システムを一元管理したい
  • 効果
    取引業務におけるリードタイムの短縮
    社内システムをシームレスにつなぐデータ連携基盤の構築
    リアルタイムな連携によるサプライチェーンの効率化