Information / Press Releaseインフォメーション / プレスリリース

PDF
2019年09月06日
株式会社データ・アプリケーション

「ACMS B2B」のWeb-EDI製品「ACMS WebFramer」とそのオプションの最新版V1.6を発売

~稼働環境を拡充、業務画面での画像などの取り扱いを可能にし、視認性も向上~


株式会社データ・アプリケーション(本社:東京都中央区、代表取締役社長:武田 好修、略称:DAL、JASDAQ:3848)は、B2Bサーバ「ACMS B2B」のWeb-EDI製品「ACMS WebFramer(エーシーエムエス ウェブフレーマー)」とWebアプリケーションを自動生成する「ACMS WebFramer Webアプリケーション構築支援ツール」オプションの最新版V1.6 を2019年9月6日より発売を開始します。

「ACMS WebFramer」は、Web-EDI構築のためのシステム基盤です。Web-EDIシステムに不可欠なユーザ管理、業務管理、ログ管理などの各種管理機能を実装し、その管理機能を外部から呼び出すAPIやテンプレートの提供で、Web-EDIシステムの構築を短期間で容易にします。最新版では、Oracle Database 18c/19cに対応し、新たなJDKに対応するなど稼働環境を拡充させています。

また、「ACMS WebFramer Webアプリケーション構築支援ツール」は、業務DBレイアウトや取引画面レイアウトなどを登録し、業務フローの設定だけで、Webアプリケーションを動的に自動生成し、開発生産性を向上させるツールです。最新版では、業務画面で画像(JPG、PNGなど)や連絡事項など(長文テキスト)の取り扱いを可能にし視認性や可読性を向上させました。さらにOracle Database 18c/19cへの対応や新たなJDKに対応するなど稼働環境も拡充させています。

今回リリースした製品の主な新機能は以下のとおりです。

【ACMS WebFramer】

  1. 新たに以下のデータベースをサポート
    • - Oracle Database 18c/19c
  2. Java環境の拡充
    新たに以下のJDKをサポート
    • - Red Hat OpenJDK 8(Linuxのみ)
    • - Amazon Corretto 8
    • - Azul Systems Zulu Enterprise 8
    • - AdoptOpenJDK 8 OpenJ9
    ※ 64ビット版のみのサポートとなります。

【ACMS WebFramer Webアプリケーション構築支援ツール】

  1. 画面項目属性の追加
    取引業務画面上で画像(img:JPG、PNGなど)と連絡事項などの長文テキスト(textarea)の取り扱いが可能になりました。
  2. 新たに以下のデータベースをサポート
    • - Oracle Database 18c/19c
  3. Java環境の拡充
    新たに以下のJDKをサポート
    • - Red Hat OpenJDK 8(Linuxのみ)
    • - Amazon Corretto 8
    • - Azul Systems Zulu Enterprise 8
    • - AdoptOpenJDK 8 OpenJ9
    ※ 64ビット版のみのサポートとなります。

DALは、今後も取引先の企業規模にあわせたEDI形態を選択できるよう、比較的容易に導入できるWeb-EDI製品を強化していきます。また、ACMS B2Bとの組み合わせによって、標準EDIとWeb-EDIの統合運用を実現し、EDI業務の一層の効率化を支援していきます。


◆WEBページ
【ACMS WebFramer】
 https://www.dal.co.jp/products/webedi/webframer/outline.html
【ACMS WebFramer Webアプリケーション構築支援ツール】
 https://www.dal.co.jp/products/webedi/awftool/outline.html


◆販売・価格について
◇販売・出荷開始:2019年9月6日
◇販売経路:DALのビジネス・パートナー55社(https://www.dal.co.jp/partner/)を通じて販売
◇販売価格(税別):
【ACMS WebFramer】:200万円
【ACMS WebFramer Webアプリケーション構築支援ツール】:100万円


◆株式会社データ・アプリケーション(DAL)について https://www.dal.co.jp/
DALは、1992年に最初のUNIX向けの製品をリリースして以来、EDI(電子データ交換)を中心にシステム連携分野において信頼性の高いパッケージソフトウェアを自社開発し、国産ソフトウェアベンダとしてEDIパッケージ市場でリーダーシップを確立。2007年4月にジャスダックに上場しました(JASDAQ:3848)。DALの「ACMS(Advanced Communication Management System)シリーズ」は、国内72社のビジネス・パートナーを経由して販売され、すでに2,300社11,000サイトを越える企業のミッションクリティカルなシステムで稼働しています。ACMSシリーズは、基幹システムと連携したB2B環境を容易に構築できるB2Bサーバ「ACMS B2B」をはじめ、企業内外のデータ連携を行うB2Bインテグレーション・サーバ「ACMS E2X」など、システム規模・接続ニーズに応じた製品ラインアップを揃えています。また、システム連携では不可欠なデータのフォーマットや文字コードの変換・加工を行うデータ ハンドリング プラットフォーム「RACCOON」を2014年3月から提供しています。

ページのトップへ

<本件についてのお問い合わせ先>
報道関係
マーケティング本部
Tel:03-5640-1437 Fax:03-5640-8541 E-Mail:pr@dal.co.jp

お客様
営業本部
Tel:03-5640-8544 Fax:03-5640-8541 E-Mail:sales@dal.co.jp
※ DAL, ACMS, ACMS Apex, AnyTran, E2X, WebFramer, RACCOONは、株式会社データ・アプリケーションの日本および海外での商標ならびに登録商標です。
※ 本文中に記載されている会社名、製品名等は、各社の登録商標または商標です。
ページのトップへ


一覧に戻る