データ連携をワンプラットフォームで!あらゆるデータをシームレスにつなぐことで企業のDXを支援します。ACMS Apex One Platform データ連携をワンプラットフォームで!あらゆるデータをシームレスにつなぐことで企業のDXを支援します。ACMS Apex One Platform

2025年の崖・企業のDX化が加速

「2025年の崖」とは、各企業が複雑化・ブラックボックス化した既存システムを改善しなかった場合に、2025年までに顕在化する問題を表した言葉です。

2018年9月に、経産省が『DXレポート~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~』の中で使用し、注目を集めました。「2025年の崖」を克服するために不可欠だと指摘されているのがDX(デジタルトランスフォーメーション)です。DXとは、企業がデジタル技術を活用して新しい商品やサービス、ビジネスモデルを創出し、国内外での競争力を高めることをいいます。「2025年の崖」を克服できなかった場合、日本全体の経済損出は、最大12兆円/年にのぼる可能性があると試算されています。そのため、企業はあらゆる産業において新たなビジネスモデルが求められ、企業のDX化は、物流・流通・金融・医療・公共など様々な分野において更に加速するものと考えられます。

データインテグレーション(データ連携)市場No1への挑戦

企業間の取引においては、見積、注文、出荷、請求、支払いなど、各種取引情報のやり取りが日々大量に発生します。この処理を伝票や電話、FAX等で作業すると、膨大な手間・コスト・ミスの発生など双方にとって大きな負担になります。これを企業間でお互いの取引情報を固定電話回線やIP網等で接続し、自動化した仕組みがEDI(Electronic Data InterchangeEDI=電子データ交換)です。EDIは、企業間システムにおける大量の受発注取引を可能にしコスト削減、作業効率化、正確性向上といった、様々な効果を生み出してきました。 FAXのみでしか受発注を受け付けない個人商店から、最新システムを用いる大手仕入先まで、小売店は新旧さまざまなパターンで受発注を行う必要がありますが、当社は、顧客のニーズに対応できる高い技術力、メンテナンスまでも含めたワンプラットフォームでのサービスを強みとし、現在、EDIミドルウェア市場においてマーケットリーダーとなっています。

Before 煩雑かつ大量な作業により、正確性、効率性が低下・・・
After 正確・迅速・低コストで企業間取引を一気に効率化!システム化による、スマートなビジネスを実現!

多様化・分散するデータが増大、ポイントは効率的なデータ連携

そのようななか、近年、注目を集めているのが、蓄積されているが有効活用できていないデータを活用するための、データ・インテグレーション(データ連携)です。「データ・インテグレーション」とは、さまざまなデータソースからデータを統合して、意思決定に必要となる情報を得るためのシステムプロセスとビジネスプロセスの組み合わせを意味します。
企業内システムにおいて、必要となるデータは基幹系・部門系など各システムに分散、異なるデータフォーマットで格納されているため、そのままでは活用できない状態であることが多くあります。
これらのデータを有効に活用するためには、さまざまなデータソースを横断的に統合するデータインテグレーションを行い、格納する必要があります。
さらに、近年では、「SNS」「モバイル」「IoTデバイス」などデータ発生場所が多様化・分散しており実際に活用されていないデータは増え続けています。

企業のシステム基盤を統合、戦略的なデータ活用・経営へ

これらの散在したデータを統合・活用することで、例えば、販売・営業分野においては、顧客情報の一元化により、顧客ニーズを把握・分析しやすくなり、迅速に顧客価値を把握し、最適な商品・サービスを開発することが出来ます。
生産・物流分野においては、需要の共有や在庫などの情報を可視化し、需要予測・在庫などの情報を統合すれば、ビジネスにおける改善点の把握が容易になります。
このように、企業の戦略的な経営のためには、企業全体のシステム基盤が統合されている必要があるのです。

データ連携をワンプラットフォームで提供、企業・社会のDXを支援

そこで、私たちはEDIソフトウェア市場のマーケットリーダーのポジションを足掛かりに、企業内にある数多くのシステムを連携させ、システムやデータ、アプリケーションを統合するEAI(Enterprise Application Integration)、データの抽出、変換、ロードなどを行うETL(Extract Transform Load)などといった分散化する企業内外のシステム間におけるデータ連携・変換・加工・活用といったデータに関する様々な領域をデータ・インテグレーション市場(データ連携市場)として定義しました。
EDI事業で培った確かな技術力をもとにAI、IoT、フィンテック、ビックデータ、RPAなど、最新テクノロジーを積極的に採用し、社会に散在したデータ連携をワンプラットフォームで提供することで、業務効率化、コスト削減、作業ミス削減、さらには統合データを活用した戦略的経営など、企業・社会のDXを支援するとともに、データインテグレーション市場でNo1を目指します。

すべての人・社会がデータでつながる「データでわくわくする未来」。

データをつなぐだけでなく、企業が必要な形に加工、活用し、企業のみならず、人や社会に還元していく。
あらゆるデータの基盤には、私たちの製品があり、すべての人・社会がデータでつながる「データでわくわくする未来」。
それが私たちが実現していく未来です。