DALってどんな会社?

DALについて

私たちは企業間での電子商取引の迅速化、
効率化をお手伝いする企業です。

通信ネットワークテクノロジーであるEDIは、企業間システムにおける大量の受発注取引を可能にし、人的コストの削減や機会損失の減少といった、さまざまな生産性向上効果を生み出してきました。
現在、私たちはこのEDIの分野において日本における圧倒的なマーケットリーダーとなっています。
戦略的な情報システムの構築が企業活動の優劣を左右する昨今、企業間ならびに企業内のデータをシームレスにつなぐミドルウェア製品を開発・販売することで、システムの全体最適化に貢献することが、私たちのミッションです。

2017年度EDIミドルウェア市場シェア

2017年度EDIミドルウェア市場シェア
出典: 株式会社富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場2018年版」

DALの活躍シーン
(大手小売チェーンの事例)

適用範囲の広さで、受発注業務の合理化、
社内・社外のシームレスなデータ連携を可能に

FAXのみでしか受発注を受け付けない個人商店から、最新システムを用いる大手仕入先まで、小売店は新旧さまざまなパターンで受発注を行う必要がありました。
そこで、当社「ACMS」製品を導入することで、受発注パターンを統一し、受発注の合理化に成功しました。
また、当社「ACMS」製品を活用し、物流センターと販売システムをつなぐことで、仕入先とのデータ連携だけでなく、店舗レジから物流システムまで、社内・社外のシームレスなデータ連携も実現しています。

DALの活躍シーン(大手小売チェーンの事例)