• HOME
  • サポート&サービス
  • イベント / セミナー
  • 既存のEDI資産を最大限に生かすインターネットEDI「全銀協標準通信プロトコル(TCP/IP手順・広域IP網)」とは ~2つの業界で採用決定~

Event / Seminarイベント / セミナー

Online Seminar 既存のEDI資産を最大限に生かすインターネットEDI「全銀協標準通信プロトコル(TCP/IP手順・広域IP網)」とは ~2つの業界で採用決定~

固定電話のIP網化、EDIの2024年問題をどう乗り切るか?
2024年1月、NTT東西により固定電話がIP網へ移行されます。これにより、既存のEDIが使えなくなることから、多くの企業がインターネットEDIへの変更を迫られることになります。
企業間の商取引を支えるEDI(電子データ交換)。商取引情報を直接コンピュータ処理できる点で業務効率がよく、既に多くの業界で利用されています。そのEDIシステムをインターネットEDIに移行するには、自社だけでなく、多くの取引先と調整・通信テストが必要になります。それでは、効率的に移行するにはどうすればよいのでしょうか。
本セミナーでは、既存EDIシステムを有効活用できるインターネットEDI「全銀協標準通信プロトコル(TCP/IP手順・広域IP網)」の概要とこれを採用した業界動向、そして、「全銀協標準通信プロトコル(TCP/IP手順・広域IP網)」対応のEDIソリューションをご紹介します。

開催日 【オンライン】2020年6月19日(金)15:00~16:00
プログラム
15:00~15:20
インターネットに対応した全銀プロトコル「全銀協標準通信プロトコル(TCP/IP手順・広域IP網)」の概要と採用業界の動向

中井 基雄  株式会社データ・アプリケーション
 マーケティング本部 シニアコンサルタント
 中井 基雄

2017年に従来の全銀プロトコルの後継としてリリースされ注目を集める「全銀協標準通信プロトコル(TCP/IP手順・広域IP網)」。本セッションでは、当該プロトコルの概要と採用業界の動向についてご説明します。

15:20~15:40
効率的な移行を実現するためのEDIサービスの活用について

松井 宏樹 氏  株式会社オージス総研
 EDIサービス部 シニアコンサルタント
 松井 宏樹 氏

率的に移行するためのEDIサービス活用事例として、オージス総研のEDIサービスをご紹介します。

15:40~16:00
ビジネス変化に強く、セキュアで高可用性を持った「つなぐ」を提供するDALの取り組み

中井 基雄  株式会社データ・アプリケーション
 マーケティング本部 シニアコンサルタント
 中井 基雄

従来型EDIからインターネットEDIへの移行実現はもちろん、社内連携、クラウド連携など様々な場面において最適な「つなぐ」を提供するDALの取り組みをソリューションと共にご紹介します。
主催 株式会社データ・アプリケーション
協賛 株式会社オージス総研
参加者対象 ・購買、販売、EDI担当で、インターネットEDIへの移行をどう進めるか悩んでいる方
・インターネット対応の「全銀協標準通信プロトコル(TCP/IP手順・広域IP網)」と従来の全銀プロトコルの違いを知りたい方
・EDIサービスを探している方
費用 無料
定員 100名(事前登録制)
お問い合わせ 株式会社データ・アプリケーション
マーケティング本部
E-Mail seminar@dal.co.jp

お申込み

イベント / セミナー 一覧に戻る