Seminar / Eventセミナー / イベント

Online Seminar EDIの変革期! 固定電話のIP網移行まであと2年 最新情報と対応策を簡単解説 満員御礼

2024年1月、NTT東西により固定電話がIP網へ移行されます。
これにより、既存のEDIが使えなくなることから、多くの企業がインターネットEDIへの変更を迫られることになります。インターネットEDIに移行するには、自社だけでなく、多くの取引先と調整・通信テストが必要になります。それでは、効率的に移行するにはどうすればいいでしょうか。

本セミナーでは、東日本電信電話株式会社様から固定電話のIP網に関する最新情報のご説明を、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ様からは金融機関での対応について、そして、弊社からは企業が行うべき対応策と最適なソリューションをご紹介します。ぜひご参加ください。

開催日 【オンライン】2021年1月22日(金)13:30~15:10
プログラム
13:30~14:00
今後のEDIに影響を与える固定電話のIP網移行とは?

東日本電信電話株式会社 様

NTT東日本様・NTT西日本様は2024年1月に固定電話をIP網へ移行することを予定しています。これに伴い、INSネットディジタル通信モード等のサービスも2024年1月をもって終了する予定です。
INSネットディジタル通信モードなど固定電話はEDIでも幅広く利用されているため、IP網移行の概要とその影響、代替策、他業界の動向等についてご説明いただきます。
14:00~14:30
『金融機関決済サービス』における固定電話のIP網移行対応について

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ 様

NTT東日本様・NTT西日本様による固定電話のIP網移行により、全銀手順で行っている金融機関様との決済サービスの切替が必要となります。多くの金融機関様で採用が決まっているAnserDATAPORT、Connecure、VALUXといった後継サービスをご紹介します。
14:30~15:00
EDIの変革期!固定電話のIP網移行とは?そのメリットと対応策を簡単解説

株式会社データ・アプリケーション
マーケティング本部
シニアコンサルタント 中井 基雄

NTT東西による固定電話のIP網移行により、従来のEDI環境に大きな変化を与えます。本セッションでは、2年後に迫ったEDI環境の変化にあわせて、企業が行うべき対応策をはじめ、解決策としてのACMSシリーズをご紹介します。
15:00~15:10
質疑応答
費用 無料
定員 100名 ※
主催 株式会社データ・アプリケーション
会場 オンライン ※ZOOMを利用
締め切り日 2021年1月20日 ※定員になり次第締め切らせていただきます。
申込注意事項 ※締め切り日時を過ぎてからのお申込みは、受講のご案内ができない場合がございます。
予めご了承ください。
お問い合わせ 株式会社データ・アプリケーション
マーケティング本部 セミナー事務局
E-Mail seminar@dal.co.jp

受付終了

セミナー / イベント 一覧に戻る