Information / Press Releaseインフォメーション / プレスリリース

2007年05月17日
株式会社データ・アプリケーション

データ・アプリケーションとユーザックシステムがEDI分野で提携

~イオン、ダイエーなど流通業の次世代標準EDIに対応した「EOS名人」を発売~


ユーザックシステム株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長 宮原 克昭、以下ユーザックシステム)は、株式会社データ・アプリケーション(本社:東京都中央区、代表取締役社長 橋本 慶太、JASDAQ 3848、以下DAL)のパッケージソフトであるACMS Liteと連携し、流通業の次世代標準EDIに対応した「EOS名人V5.0」を開発し、6月末に発売いたします。

「EOS名人」は、量販店など大手小売チェーンとの取引の際に必要となる、JCA手順によるオンラインパッケージソフトです。発注データ受信、データ変換、伝票発行、ピッキングリスト、データ訂正機能など豊富なアプリケーションを備えており、300社以上の大手小売チェーンなどとのオンライン実績を有しています。

現在普及しているJCA手順は、データフォーマットが小売業ごとに異なるうえ、通信速度が遅く、漢字が扱えないという問題がありました。このため、経済産業省の外郭団体である流通システム開発センターやイオン、ダイエー、平和堂、ユニーといった小売企業などが中心となり、インターネットによる次世代標準EDIのガイドライン「流通ビジネスメッセージ標準※1」が作成され、今年3月に公開されています。

今回、ユーザックシステムは「EOS名人」が持つ豊富なアプリケーションに、次世代標準EDIに必要なJX手順(SOAP-RPC)クライアント通信機能を加えるため、DALのACMS Liteを採用し、EDIソリューションをさらに強化いたします。

「EOS名人V5.0」の販売価格は、次世代のEDIに必要なモデル構成で500,000円(税、導入サポート費用は別途)を予定しており、ユーザックシステムの直販と全国の販売パートナーを通じ、年間100セットの販売を見込んでいます。

EDIに関する業務ノウハウやアプリケーション開発力を強みとするユーザックシステムと、大手量販店や卸などに対するEDIの通信インフラ提供で実績のあるデータ・アプリケーションが提携することで、次世代EDIへの対応を必要とする企業に対し、最適なソリューションが提供可能となりました。

※1 流通ビジネスメッセージ標準:
2003年、通商産業省の「流通サプライチェーン全体最適化事業」に端を発し、日本チェーンストア協会、日本スーパーマーケット協会をはじめとする業界団体が検討、共同検証を経て公開された流通業界における次世代標準EDIのガイドラインです。 通信基盤はインターネット、データ表現形式はXMLを採用するなど、データフォーマットや業務プロセスにおいても標準化され、今後サプライチェーン全体で業務が効率化されると期待されています。

070517_pop_l.gif

●EOS名人について
データの送受信から伝票発行やデータ訂正など、EDI業務に必要なアプリケーションを備えた、オールインワン・パッケージです。伝票レスに対応したASN(事前出荷情報)送信にも対応し、関連商品「検品支援名人」や「値札名人」などとの連携で、物流業務をトータルにカバーします。おもに小売業と取引する中堅中小企業に多く導入されています。

●ACMS Liteについて
中堅・中小企業向けのB2Bソフトウェアで、インターネットをベースとした次世代EDIで利用可能です。上位モデルである「ACMS B2B」と同等のデータ変換機能、スケジューリング機能、ジョブ管理機能を有しながらWindows XPなどのクライアントOSで稼働するクライアント型B2Bパッケージです。

■ユーザックシステム株式会社
1971年創業。経済産業省登録SI業者。中小企業の基幹システムから大企業の物流システム、そしてWebシステムの開発や運用支援を得意としています。指定伝票発行システム「伝発名人」、オンライン受発注システム「EOS名人」、WebEDIシステム「インターネット名人」など、アプリケーションパッケージを数多く開発しています。マイクロソフト認定ゴールドパートナー。
URLhttp://www.usknet.com/

◆株式会社データ・アプリケーション(DAL)について
DALは、1992年にUNIX向けの製品をリリースして以来、EDI(電子データ交換)を中心にデータ連携分野において信頼性の高いパッケージソフトウェア「ACMS(Advanced Communication Management System)シリーズ」を提供してきました。「ACMSシリーズ」は、国内のEDIパッケージ市場でリーダーシップを確立しており、すでに2,400社12,500サイトを越える企業のミッションクリティカルなシステムで稼働しています。ビジネス変化に強く、新たなイノベーションを生み出す企業のデータ連携ソリューションを今後も提供してまいります。

【HP】https://www.dal.co.jp/
【Facebook】https://www.facebook.com/DataApplications/
【Twitter】https://twitter.com/dal_acms

ページのトップへ

<本件に関する 報道関係者および読者からのお問い合わせ先>
株式会社データ・アプリケーション マーケティンググループ
Tel:03-5640-1437 Fax:03-5640-8541 E-Mail:pr@dal.co.jp
※ DAL, ACMS, AnyTran, E2X, WebFramer, RACCOONは、株式会社データ・アプリケーションの日本および海外での商標ならびに登録商標です。
※ 本文中に記載されている会社名、製品名等は、各社の登録商標または商標です。
ページのトップへ


一覧に戻る