Case Study導入事例

株式会社JALUX株式会社JALUX

商社・卸ACMS B2BPDF

全社最適化を目指し新基幹システムを構築
既存システムとの連携に「ACMS B2B」を活用

  • JALグループの生活提案企業である株式会社JALUX(以下、JALUX)では、IBM社の統合アプリケーション・サーバ「System i5」とSAP社のERPパッケージ「R/3」による新基幹システム「i-JALUX」の構築を推進中だ。個別に構築されてきた業務システムを統合し、情報の一元活用とビジネスの全体最適化を図るのが狙いである。同社では数多くのサブシステムが稼働しているため、既存システムとのデータ連携が課題となった。そこで「ACMS B2B」を導入し、シームレスなITインフラを実現している。

航空関連から一般消費者向けまで幅広い分野に事業を展開

ビジネスを支える基本理念として、「幸せづくりのパートナー」を掲げるJALUX。その事業領域は、実に幅広い分野に及んでいる。まず一つ目はJALグループ企業ならではの航空関連事業。航空機本体や部品、燃料にはじまり、客室用品、機内販売品など、航空事業に関わるあらゆる商品を取り扱っている。

もう一つは、一般消費者を対象とする生活提案事業だ。こちらは生活関連事業と顧客サービス事業の二種類に大別され、前者では食品やワイン、宝飾雑貨・印刷物などの流通を、後者では保険・不動産・空港店舗事業などを手がけている。よく航空機を利用する人にとっては、全国の空港に設置された店舗「BLUE SKY(ブルースカイ)」がおなじみだろう。国内25空港95店舗のネットワークを誇る「BLUE SKY」は、最近話題の「空弁」ブームの立役者ともなった。

さらにJALUXでは、こうした既存事業に加えて新規事業も意欲的に展開。海外のリゾート物件を一週間単位で購入できるタイムシェアシステム「JALバケーション・オーナーシップ・システム」や、高齢者向けの介護施設・福祉サービス事業なども展開している。

全社最適化を目指して基幹システムを再構築

このように多彩なビジネスを展開するJALUXだが、事業を進めていく上では様々な課題もあった。特に大きな問題となったのが、基幹システムの再構築である。JALUX 企画部 システム企画チーム部長 統括マネージャー 堀内良一氏は、その背景を「当社は商社であるため、多くの部門で購買・受注・在庫・販売などの業務を行います。しかし従来はこうした共通業務を、各部門が個別のシステムで処理していたのです」と説明する。

タイムリーなビジネス展開を実現するためには、様々な業務情報を全社レベルで分析・活用する必要がある。また最近では、決算や情報開示の早期化も重要な課題だ。しかし従来のシステム環境では、もはやこうしたニーズに応えることが難しかったのだ。「各部門で入力された情報が、即座に会計情報や在庫情報として蓄積され、必要に応じて一元的に活用できる。そんなシステム環境を目指したいと考えました」と堀内氏は続ける。

IBM System i5とR/3を新たに導入、データ連携に「ACMS B2B」を活用

「i-JALUX」と名付けられた新基幹システムの構築プロジェクトは、2002年秋よりスタート。ビジネス・プロセスやマスタ体系の見直しなどに取り組んだのち、2005年初頭より実際の開発に着手した。システムを支える基本プロダクトとしては、JALでも導入されているSAP社のERPパッケージ「R/3」、それに「AS/400」「iSeries」と進化を遂げてきたIBM社の統合アプリケーション・サーバ「System i5」が採用された。

JALUX 企画部 システム企画チーム 梅原 修 課長補佐は、サーバ・プラットフォームにSystem i5を選んだ理由を「既存システムの中にはAS/400で構築されたものも多かったため、移行がスムーズに行えるだろうと考えたことが一つ。またコストパフォーマンスが高い点も決め手になりました」と説明する。

システム構築上の課題となったのは、周辺システムとの連携をどうするかという点であった。「一気に全てのシステムを移行できればベストなのでしょうが、それも現実にはなかなか難しい。また外部データ・センタに設置されている通販システムなどともデータのやりとりが発生しますので、システム間連携をサポートしてくれるツールが必要でした」と梅原氏は語る。

ところがこのツール探しが意外に難航した。今回のシステム構築をサポートした丸紅情報システムズの菅井 真 担当課長は「サーバOSであるi5/OSはEBCDIC、R/3はASCIIとコード体系が異なります。また、R/3は統合ファイル・システム上にUNIX形式でファイルを作成します。ところがi5/OS対応のツールは、統合ファイル・システムをサポートしないものがほとんど。唯一見つけた製品も、i5上にAIX論理区画の導入が必要なものでした」と振り返る。そこで目を付けたのが、DALのB2Bサーバ「ACMS B2B(以下、ACMS)」である。

「ACMSは統合ファイル・システムだけでなくi5/OSのファイルにもアクセスができ、既存iSeriesの伝送ツールTOOLBOX/400とのインターフェース・プロトコルである全銀TCP/IP手順もサポートしていました。また、コード変換には『AnyTran』も用意されていてi5/OSでも問題なく稼働するなど今回の要件にピッタリでしたので、動作検証の後JALUX様に採用を決めていただきました」と菅井氏は語る。

構成図

基幹システムとサブシステム間のシームレスなデータ連携を実現

新たに構築された新基幹システムでは、i-JALUXサーバに旧基幹システムと贈答システム、通信販売用システムを接続。ACMS B2Bを利用して、この間のデータ連携を行っている。ちなみに同社では他にも多くのサブシステムを運用しているが、新基幹システムとのインターフェイスを新たに作り込むのでは工数が掛かりすぎるため、一度旧基幹システムにデータを集約した後に、ACMS B2B経由でまとめて新基幹システムに転送している。

2006年5月には、生活提案事業向けシステムを中心に先行稼働を開始。近日中に全面本稼働を開始する予定だ。新基幹システムのメリットについて、堀内氏は「全社在庫の適正化や要員効率の向上、キャッシュフロー増大や売上・収益の向上など、数多くのメリットを見込んでいます」と語る。

またACMSに対しても、高い評価が寄せられている。「データ連携部分を個別に作り込むとなると、その分工数やコストが増大してしまいます。しかしACMSを利用したことで、こうした点をクリアすることができました。また性能や信頼性の面でも、十分満足のいく結果が得られています」と菅井氏は語る。

システム統合に向けた取り組みはまだ道半ばであり、今後も様々な改善が加えられていく予定だ。梅原氏は「将来的な発展にも柔軟に対応できるよう、シンプルなインフラを創り上げていきたい。またお取引先様とのEDI環境なども、しっかりと整備していきたいと思います」と意気込みを語る。ACMSが活用される場面も、ますます広がっていくことになりそうだ。

導入事例 一覧に戻る