HOME  > ソリューション:流通BMSと導入ポイント

流通BMSと導入ポイント

様々な形態のB2B(企業間電子取引)を成功に導くミドルウェア製品を提供しています。

流通BMSの基礎から導入方法までをご紹介

流通BMSへの取り組みや対応製品のご紹介

 消費財流通業界で広く使われているEDIの方式(J手順:JCA手順)に変わる、インターネットを利用した新たなEDI標準が「流通BMS(流通ビジネスメッセージ標準)」です。

 流通BMSに基づくEDIシステムを構築する際には、以下の点を考慮しシステム化(既存のEDIシステムを変更)する必要があります。

 DALは、流通業界の新しいEDI標準「流通BMS」に対応したソフトウェア:ACMSシリーズを提供しています。

 流通BMSや流通BMSを利用してシステム構築をする際のよくある質問(FAQ)です。

 DALは、 流通システム標準普及推進協議会 日本GCI推進協議会(GCIジャパン) などの各団体や小売・卸売業各社と協力し、積極的な流通BMSの標準活動を推進しております。

 流通BMSに関わるデータ・アプリケーションの事例やレポート、プレスリリース、さらに業界団体や電子証明書などのリンク集です。

関連情報
■製品情報
 EDI (企業間電子商取引) ACMS E2XACMS B2BACMS Lite NeoACMS/WSACMS WebAgent
 Web-EDI ACMS WebFramerACMS Web/deTradeUBUYSELWARE
 データ ハンドリング プラットフォーム RACCOON
 トランスフォーマ AnyTran
 販売・サポート終了について 「その他の製品」の販売とサポートの終了に関してはこちら


ページのトップへ