HOME  製品情報  >  EDI(企業間電子商取引)  >  ACMS E2X :リリース情報

EDI(企業間電子商取引)

様々な形態のB2B(企業間電子取引)を成功に導くミドルウェア製品を提供しています。

企業内外のさまざまなシステムを連携し、ビジネス環境の変化に強いB2B環境を構築

ACMS E2X

[リリース情報]

Information
  • ACMS E2Xの最新バージョン4.3を2015/8/31にリリースしました。

概要 特徴・機能 適応例 動作環境 リリース情報  

バージョン 3.3.0 | 3.4.0 | 3.5.0 | 3.5.1 | 3.6.0 | 3.7.0 | 3.8.0 | 3.9.0 | 3.9.1
4.0.0 | 4.1.0 | 4.2.0 | 4.3.0
ACMS E2X V4.3.0 リリースノート情報 2015/08/31

■トピックス

  1. 新たにACMS運用監視機能をサポートしました。

  2. 新たに以下のWeb Application Serverをサポートしました。
    - Tomcat 8.0.15

  3. 新たに以下のデータベースをサポートしました。
    - SQL Server 2014 SP1

■新機能

  1. ACMS運用監視機能 - ACMS運用監視機能をサポート
    ACMS運用監視機能が使用可能になりました。

  2. Web Application Server - 新たなWeb Application Serverをサポート
    以下のWeb Application Serverが使用可能になりました。
    - Tomcat 8.0.15

  3. データベース - 新たなデータベースをサポート
    以下のデータベースが使用可能になりました。
    - SQL Server 2014 SP1

  4. DBアクセスサーバ - 新たなJDBCドライバをサポート
    以下のJDBCドライバが使用可能になりました。
    - Microsoft JDBC Driver 4.1 for SQL Server

■機能改善

  1. 通信機能 - 大容量ファイルの対応
    以下の機能にて、2Gバイト以上のファイルを処理することが可能になりました。
    - ebXML MS(流通BMS)
    - EDIINT-AS2
    - ebXML MS(NACCS)
    - MIME decodeJOBステップ
    * 本機能には一部機能で注意事項が存在するため、AnIntroductionPriorManual
     [Javaの不具合についての注意点]を参照してください。
    [B2E:2209]

  2. OFTP2 - SSL通信の暗号スイート選択機能
    OFTP2手順のセキュリティ強化の一環として、SSL通信で利用する暗号スイートを選択
    することが可能になりました。
    本機能を使用する場合、acms.propertiesの以下のエントリを設定してください。
    - cps.ssl_cipher_suite_client.oftps
    - cps.ssl_cipher_suite_server.oftps
    * 本設定に関する詳細はAdditionalGuide [2.10.OFTP2 手順のSSL通信で利用する
     暗号スイートの設定]を参照してください。

  3. 運用機能 - セキュリティ強化
    以下の処理において、脆弱性が確認されたためセキュリティの強化を行いました。
    - ログイン
    - セッションタイムアウト
    - 強制パスワード変更
    [B2E:2289]

  4. 運用機能 - ステータス状況照会のパフォーマンス改善
    ステータス状況照会画面およびコマンド(strcmd)による
    ステータストランザクション状況の照会について、パフォーマンスの改善を行い
    ました。
    [B2E:2234]

  5. JOB定義アプレット - JREのリビジョンアップ
    JOB定義アプレットを起動する際に必要となるJREが未インストールの場合に、
    インストールを促すJREのバージョンを「JRE 7 Update 80」に変更しました。

  6. クリーンアップ - HP NonStop Serverでのパフォーマンスチューニング
    HP NonStop Serverで稼働する場合のみ改善されます。
    クリーンアップ処理によるファイル削除処理において、Thread.yield関数の呼び出
    しを追加しました。
    [B2E:2278]

  7. deTradeII - 大容量ファイルの対応
    送受信アプレットにおいて、2Gバイト以上のファイル転送(ダウンロード/アップ
    ロード)が可能になりました。
    * 本バージョンよりブラウザ(取引先)側のJREは7以降が必要となります。
     JRE6以降で動作可能な送受信アプレットを使用する場合はdetrade.propertiesに
     以下のエントリを設定してください。
    - dtc.client_jre_version=15
    * このエントリを指定した場合は2Gバイト以上のファイル転送は不可となります。
     エントリを反映させるには、deTradeIIの再起動が必要になります。
    [B2E:1437]

  8. deTradeII - 負荷分散装置経由時の接続先URL設定機能の追加
    Webアクセスを受け付けるサーバ(負荷分散装置)の情報を接続先として設定する
    ことが可能になりました。
    これにより、負荷分散装置(リバースプロキシやSSLアクセラレータなど)を経由
    してのファイル転送が可能になりました。
    本機能を使用する場合、detrade.propertiesの以下のエントリを設定してください。
    - dtc.url_scheme
    - dtc.url_host
    - dtc.url_port
    * 本設定に関する詳細はInstallationGuide [3.4.3.負荷分散装置などを使用する
     場合]を参照してください。
    [B2E:2238]

  9. deTradeII - JREのリビジョンアップ
    送受信アプレットを起動する際に必要となるJREが未インストールの場合に、
    インストールを促すJREのバージョンを、「JRE 7 Update 80」に変更しました。


概要 特徴・機能 適応例 動作環境 リリース情報

関連情報
 関連製品 ACMS B2BACMS Lite NeoACMS WebAgentAnyTran
 導入事例 製品別導入事例|業種別導入事例


ページのトップへ